ビジネスマナー研修(マインド_メール_電話)

ビジネスマナー研修(マインド_メール_電話)

ビジネスマナー研修(マインド_メール_電話)

ビジネスマナー研修(マインド_メール_電話)

ビジネスマナー研修(マインド_メール_電話)

ビジネススキル

ビジネスマナー研修(マインド_メール_電話)

そもそもなぜビジネスマナーが必要なのかを理解し、単なる形式的なビジネスマナーの実践にならないような入り方をします。 ビジネスマナーの大前提には、相手に対する「心配り」があること。 その上で、今回のテーマはメールと電話応対を扱いますが、その前段階にも言葉遣いや姿勢などがあることを理解していただき、各論の理解・実践に移ります。 ビジネスメールと電話応対は大企業から中小・ベンチャー企業まで全ての人が知っておくべき最低限の型を実践を交えながら習得するコンテンツとなっています。
実施時間 2時間(休憩含む)
対象人数 2〜50名(ペアワークがあります)
形式 PowerPoint

作者:  のむら

発売日: 2019年07月09日   更新日:2019年07月09日( リリースノート

  • 仕様書を見る
  • カリキュラムを見る
  • 抜粋資料を見る

20,000(税込 21,600円)

カートに入れる

※ 購入されたプログラムは、編集・加工が可能です。

※ 見積書・請求書が必要な場合は、info@koupla.com 宛にご依頼ください。

プログラム購入の流れ

購入商品に含まれる内容

プロジェクター投影用パワーポイント資料39ページ分 2〜2.5時間分

研修受講者アンケート

  • 一貫して言葉の難しさをより感じるようになったということに終始しているようですが、難しさを以前より理解したというところに非常に大きな意味があったと感じています。明らかに油断が減りました。 そして、言葉は不完全なものであると改めて認識しました。 だからこそ、一生を掛けて練り上げ続けていくにふさわしいテーマであり、これからも精進し続ける所存であります。
  • 意識することは、お客様にメールを作成する際、メールのルールを改めて見つめなおし、改善することです。 若干講習の一環でメール作成の際、誤った認識で今までメールを作成してしまったのではないかと思われるシーンが脳裏に浮かんできましたので、 再度この機会にメールのルールを見つめ直し、お客様に違和感を持たれないように普段の業務に活かそうと思います。
  • 【成功体験・失敗体験】 <成功> ・「いたします」でのメール作成をおこなうようになった。 ・メール作成時に本文の下段へ伝えたい内容を箇条書きすることで、わかりやすい文章作成に近付いた。 ・社内の人との電話でも、電話を切るときにガチャ切りをしないようにした。 ・電話でどのあたりが早口になりやすいかわかったため、意識して話すようになった。 <失敗> ・「いたします」と使う意識をしていたが、初めのうちは気が抜けると「致します」を使用していた。 ・電話で丁寧な話し方を意識するあまり、言葉使いがおかしくなった。 (例:取引先に電話した際に「(自社名)の(名前)と申します」と普段話している台詞が、  「(名前)と言います」と丁寧語でない話し方になった。) ・お客様に説明してもわからないだろうなと思う箇所が普段よりさらに早くなっていた。  また「いつもお世話になっております。(自社名)の(名前)と申します。」のテンプレートも  早口になっていることに気がついた。 【これからの意識】 ・営業としてお客様との信頼関係をより強固なのもにすべく、心配りを意識していく。 ・私の担当している取引先は少人数の担当者で物件を手配しているので、  『大丈夫かな。』と思う事柄があった場合は積極的に確認・質疑をおこなう。

リリースノート(更新履歴)

2019.07.09
ビジネスマナー研修(マインド_メール_電話)が更新されました。
2019.07.01
ビジネスマナー研修(マインド_メール_電話)が更新されました。
2019.06.27
ビジネスマナー(マインド_メール_電話)がリリースされました。

一覧へ戻る